TOP > Interview > Interview詳細

Wくんのお母様(当時1歳 男の子 月ぎめ週5利用)

●保育園を探し始めた動機

そもそも、本人が1歳半ぐらいになったらどこかに預けよう、とは考えていました。
仕事を探しつつ、時間の確保のために、児童館にもたまに遊びに行っていたのですが、
やはり定期的に、同じところで、同じひとと関わるのが、本人にもいいのかな?と思い、
本格的に保育園を探し始めました。

●入園の決め手

初めて見学に来た時の印象が、とてもよかったです。
見学に来る前、Webサイトで見たときは、狭いように思い、
また線路からも近いようだったので、見学に行くのも止めようかな?と思っていたのですが。
でも日本、特に東京では広さを気にしていてはダメですね。

実際に部屋に入ると、予想以上に明るくてよかったです。
またいいほいくえんに対する質問の回答に納得できたのもよかったです。
質問しても、回答をぼやかす保育園もあるので。

また駅から近く、アクセスが便利なのもいいですね。

ごはんは、一度夫といっしょにカフェに来て、食べたら納得できました。

毎日外遊びがあるのもいいと思います。

それと見学に来た際、CDだけじゃなく、先生が朝の会でピアノを弾いていて
くれたんですよね。それもいいなぁ~と思いました。

家具もプラスチックばかりじゃなくて、そういうところもいいなと思いました。

また、給食もひじきの煮物だったり、卯の花だったり、
そういう「お母さんの味」みたいなメニューが多いじゃないですか。
いいほいくえんの給食は、今後も奇を衒ったものではなく、
こういうごはんをぜひ続けてほしいです。

●他に迷った施設、保育園

インターナショナルのプレスクールは先にたくさん見学に行きました。
同年齢の子が少ないのがちょっと心配でした。

目黒区の他の認可外保育施設もよかったのですが、
場所のアクセスがあまりよくないのと、質問に対する回答に納得できず、止めました。

●いいほいくえんのいいところ、満足点

まず先生がみんな明るくて楽しそうですよね。
公園でもいっしょに遊んでいる感じで。
九品仏広場でも、ただ見ているだけではなく、いっしょに加わって、
子どもたちの遊びを広げている感じがして、そこがいいなと思います。

またごはんもたくさん食べてくれるようになり、毎日の外遊びのおかげかな?と
思っています。

ギャラリーや販売の写真のとてもいいですね~
連絡帳も毎日丁寧に書いてくださり、嬉しいです。

土曜日の行事も嬉しいです。
他の園児や保護者の方と交流できるよい機会だと思います。

●いいほいくえんの悪いところ、不満点、改善を希望する点

登園時間が終日になれば解決できる問題だと思いますが、
現状では13時のお迎えで、午睡時間が短いので、
午睡をなくすか、またはお迎えを14時にして、少し午睡ができる
ようにしていただけるとありがたいかな、と思います。
いまは午睡をしないで昼食後、遊んでお迎えを待ってくれているようですが。

また現状では午後に在園できないので、製作などを、
雨の日の午前中や昼食後の午睡前などにやってもらえると嬉しいです。
親のわがままですが・・・

また時間や曜日の柔軟性、という面で、
週3日のコースが月・水・金曜日に固定されていたり、
また半日保育が9:00~13:00に固定されているのが残念です。

曜日も自由に選べたり、また半日保育も、9:00~13:00だけではなく、
その4時間を前後にスライドできたらいいなと思います。

慣らし保育についてですが、ある保育園では、2日間母子同伴で登園するところも
あるようですが、いいほいくえんは初日から母子分離ですよね。
それが最初私が子離れできず、ちょっとショッキングでした。

希望があればいっしょに登園できると嬉しいです。
他の園児への影響もあり難しいかもしれませんが・・・
私は子どもより親が安心するのに時間がかかったので。

また、たとえば希望者がカメラを預ければ先生が子どもの写真を撮ってくれる、
といったサービスがあると嬉しいです。
いいほいくえんにWebカメラが無い理由は理解しているのですが、
例えば食事のときとかどうしているんだろう?という、日常生活への
疑問があり、もしそういいたサービスがあったらとても安心できたと思います。

いまいいほいくえんの入居しているビルの、横のテナントが空いていますよね。
ぜひそこも借りて使ってほしいです。
先生の割合が減ってしまうのはいやですが、保育面積が拡大すると嬉しいです。
それと顔と名前が一致しない先生がいるので、改善策をお願いしたいです。

●子どもが成長したな、と感じる点、変わったところ

日本語がとても増えました。
また家でも指で遊んだり、モノマネしたり、とにかく何でも積極的に
いっしょにやろうとするようになりました。

また日常のルーティン、たとえば脱いだくつしたを靴に入れるとか、
おもちゃを几帳面に片づけたり、食べた食器を片づけたり、脱いだ服を
洗濯機まで持って行ったり、とか、そういったことが好きで、
家でもよくやるようになりましたな。いいことだな、と思っています。