TOP > Interview > Interview詳細

MちゃんYちゃんのお母様(ともに当時1歳双子 女の子 月ぎめ週5利用)

●保育園を探し始めた動機

職場復帰の時期が決まっていて、いいほいくえんには、子どもたちが1歳になる前からずっと電話で問い合わせをしていて、見学にも来ていました。
保育園を探す上での条件は、ふたり乗りのバギーでも通えるところ。
認可、認証保育園では入れるところが無かったので、無認可保育園を3つくらいの中で探していました。
その中で、ひとつは認可保育園並みに料金は安いけど、暗い感じで。給食も持込み。
もうひとつはいいいほいくえんよりも料金が高く、中も広いが・・・というところでした。
それでいいいほいくえんは、料金的には2人預けると赤字だが、駅から近いし、定員も少ないし、1歳から3歳までということで、安心かなと思いました。
やはり自分の子が1歳ぐらいだと、5歳のことか大きく見えるから。

●入園の決め手

見学来たときに『あったかい雰囲気なのがいいな~』と思いました。
あと、ごはんがしっかりしていた!
ある程度子どもが大きくなってからであれば、いろんなものを食べて慣れていけばいいのですが、まだちいさいので、ちゃんとしたものを食べさせてあげたかったので。
お散歩にもまいにち連れて行ってくれるのもよかったです。
保育室が広いからという理由でお散歩に連れて行かない施設もあるようなので・・・
うちの子どもたちは公園好きだから。
それと、連れて行ってくれる公園が暗かったりとか、そういうのも嫌で・・・
いいほいくえんはいいですよね、奥沢2丁目公園とか、明るくて、きれいじゃないですか!
砂場も、土もあるし、すべり台も手ごろで、新しい遊具も増えたし・・・いいと思います。

●いいほいくえんのいいところ、満足点

子どもたちが毎日楽しく通っているので、まずそこにとても満足しています。
登園最初から泣かなかったし。
保育園のお兄ちゃん、お姉ちゃんたちに仲良くしてもらっているからかな、と。
あと保育園では給食を常に完食しているようなので、すごいな~と。
家では残すのに・・・なんでだろう?

それと、やはり人数が少なく、異年齢児保育なのがいいと思います。
そのおかげで、家でもなんでもやりたがるんですよ。
スプーン使ったりとか、自分でスープのお椀を持って飲んだりとか・・・
失敗も多いですが、いい刺激をもらっているんだなぁ、と感じています。
家では、MちゃんがYちゃんをいいこいいこしたがるんですよ。
これはきっと、娘たちが保育園で上の子からいいこいいこされている証拠ですよね。
Yちゃんは「いいこいいこして」と私が言うと、なぜか自分で自分をいいこいいこしています笑。Yちゃんはちょっと間違えていますね(笑)。

●いいほいくえんの悪いところ、不満点、改善を希望する点

特に無いです・・・本当に感謝しています。
かぜもあまりひかなかったし・・・少人数だからかな・・・
当初はもっとひくかなと思っていたんですが。感染症とかも。
あと保育料が高いのは、家計を圧迫してるので・・・
でも、それでもよかったと思っています。
これだけのサービスしてもらっているのだから、仕方ない、と。
子どもの人数は少ないし、でも先生の数が多いから。しょうがないと思います。

●子どもが成長したな、と感じる点、変わったところ

たくさんありますよ!日々変わっていますね。
家ではやらなかったおもちゃの車で遊んだりとか、コップを使い始めたりとか・・・
公園のすべり台も、まさか自分ひとりで登ってすべるとは思わなくて。
初めてそれを見たときは本当にびっくりしました!
あと、家ではペンを持って、ぐるぐると、字のようなものを書いたりもしています。
保育園のお姉ちゃんたちを見てるからだなぁ~と感じています。
最近はバギーに乗るのを嫌がりますね。
やはりそういう何か嫌がる時期が誰にでもあるんですかね。

Mちゃんは、やっていることを中断されることをいやがりますね。
Yちゃんは最近夜泣きするんですよ。
最近かぜひいたり元気ないからですかね?
それと、当初、うちの祖母も、専業主婦だったので、保育園に通わせることには
批判的でしたが、MとYの成長ぶりを見て、今では逆になっています。
『ちいさいうちから保育園には通わせるものよ!』と、よくよそで言っているそうです笑。