TOP > Interview > Interview詳細

Hくんのお母様(当時3歳 男の子 月ぎめ週5利用)

●いい保育園のいいところ、満足点

去年よりもイベントが多く感じました。
それが楽しかったですね。
いい保育園は、いいところだらけで、Hくんも保育園が大好きなので、それ以上言うことは無いかな、と。

●いい保育園の悪いところ、不満点、改善を希望する点

ブログをもっと更新してほしいです笑。
忙しいのはわかりますが、楽しみにしているので。
それと、1週間分でもいいので、やはり給食の献立がほしいです。
家の夕ご飯を作るのに参考にしたいので・・・給食と夕ご飯で同じメニューが続いてしまうとアレなので。

●子どもが成長したな、と感じる点、変わったところ

家では保育園の話をあまりしないんですよ。
あ、家では『保育園では、先生のおっぱいを触らない』という約束をしています笑。
『きょうは触らなかったよ。』とか、『きょうはりえ先生とゆき先生は触らなかったけど、ゆか先生のは触っちゃった。』とか言って、報告してくれます笑。
触っても怒らない先生を探して触っているみたいですね笑。
保育園や、家で私の胸を触る分にはいいんですが、よそでやられるとちょっと困るので・・・
今年1年を振り返ると、Hくんは、すべてにおいて成長したな、と思います。
家では甘えて、服の着替えも自分でしなかったりとか、そういうときもありますが、先生に聞くと、保育園では全部自分でやっているようですし、保育園ではいろいろお手伝いもできているようなので。
家でもけっこう手伝ってくれます。
保育園では特に、『お兄ちゃん』としてがんばらなきゃ、と思っているんだなと思います。
うれしいですね。
自分から『やりたい』という気持ちを、特に保育園では尊重してくださっていると思うので。
その、いろいろ手伝ったりするのも、いやいやじゃなくて、Hくん自身が喜びとしてやっていると思うので。
家だったら、忙しいときとか、手伝ってくれても、かえって邪魔になっちゃったりするので、『ごめん、やらなくていいよ』って言ってしまうときもあるのですが、でも保育園だったら、それを尊重していただいているようなので、それができるので、とてもありがたいな、と思います。
家だとお手伝いと言っても以前は失敗ばかりで、それを私も笑ってにこにこ見ていられなかったときもあるので。
家では危ないもの以外は全部やってもらっています。
テーブル拭きも、テーブルが大きいので登って拭いてしまって、結局足跡だらけですが笑。
家では拭き直しはしません。
まあいいや、と思って。
あとは豆の皮を剥いたり、Hくんは手先がすごく器用みたいで。
あと、自分で本を読むのが上手になりましたね。
私が何回も読んだ本を、読んでもらったのを覚えて、自分でめくって話しながら読んでいます。
今年1年は、本当に成長したと思います。 
我慢することもできるようになったと思います。
相変わらず物に対する執念は強いが、一歩、我慢することを覚えたと思います。

●その他、備考

一時保育は別だと思いますが、週5日、その保育園に通うとなると、
いい保育園には、認可保育園にはない、いい部分があるからなんだろうな、と思います。
私は『雰囲気』でいい保育園を選んだので。
実は、私は昔、大阪の認可保育園でアルバイトしていたことがあるんですよ。
18歳の頃ですかね。
それでそれは数ヶ月の期間限定だったのですが、そのアルバイトが終わる頃、職員の方が「こういう仕事もあるよ」と言って学童保育の仕事を紹介していただいて、その後、2年ほど学童保育で働いたこともあります。
資格持っていないんですが、その後、『チャイルドマインダー』の資格は勉強して取りました。
でも子育てには全く役に立ちませんね笑。
やはり実際の子育てと、勉強や仕事とは違いますね。
仕事は楽しかったですよ。
それ以来、そういう仕事はしていませんが。
他人の子どもだとにこにこしていられることでも、自分の子どもに対してだと、同じことでも角が生えてきてしまって・・・
いまは、本当に「いま」に精一杯で・・・1年前どうだったかな?
ってあんまり覚えていないんですよ。
いつ歩き出したかとか、そういうことも、大体でしか覚えていないですし。
気がついたらできていた、ということがたくさんあるので。
いろんな保育園がある中で、たとえば給食は主食があって、主菜があって、それにスープが付いて・・・ふつうの保育園だとそんなもんですよね。
おやつだって、市販のお菓子に、よくてフルーツが付いたりとか・・・
でもここはすべてちゃんとした手作りで、他とは雲泥の差だと思います。
他の保育園では、先生はみんな優しいと思うのですが、時間に追われている感じがするので。
いい保育園の先生とは違うな~と感じます。
いい保育園の先生方は、みんな楽しそうです。
楽しそうに仕事をしている感じがすごくします。
だから子どもたちも、先生のことが好きなんだと思います。
ふつうだったら、お散歩でも、『木に登るな!』って注意するじゃないですか。
でもいい保育園では、いっしょになって登ってくれる笑。
そういう体験をさせてくれるから、子どもも『よし、やってみよう!』と思える。
それってすごくいいことだと思いますし、ありがたいことだと思います。