TOP > Interview > Interview詳細

Yちゃんのお父様、お母様(当時2歳 女の子 月ぎめ週5利用)

●入園動機について(なぜいい保育園に入園しようと思ったのか)

・そもそもの動機
平成20年12月に自由が丘でクリニックを開業することになり、それに合わせて保育園を探し始めた。
まず認可園で探したが年度途中ということもあり、どこも入れなかった。
認証、認可外も当たったが、どこも空きが無かった。
その頃、たまたま駅前でいい保育園のチラシをもらった。
できたばかりの保育園とのことだったが、行ってみようか、ということになり、行った瞬間に「ここにしよう!」と決めました。(母)
カフェと併設している、という点が他にはなく、面白いな、と感じた(父)。
食材にこだわっている。
良心的な感じがした。
スタッフの方に、初めて会ったような感じがしないフレンドリーさを感じる。
環境へのこだわりも感じた。
いい保育園を目指そうという意気込み、前向きな気持ちを感じた。
不安よりも期待の方が大きかった。
心配な点としては、カフェのお客さんが多いときは保育のスタッフが減ってしまうのかな、という点。
どんなスタッフ割りなのか不明だった。
それと園庭がないのは最初ネックだったが、それでも外に多く連れて行ってもらえるのは嬉しい。

●いい保育園のいいところ、満足点

特に不満、心配な点は無く、安心して預けられた。
それまで家ではあまり食事をしない子だったが、いい保育園では給食をほとんど食べている。
食の面で本当に安心。
よかった。
散歩にしっかり行ってくれていることはとても嬉しい。
ありがたい。
外気に当たることは、健康や体力維持に欠かすことのできない、大事なことだと思う。
園庭が無くてもいいと思った。
あとはスタッフの対応、人柄がいいと思う。
Yちゃんが『見て~』といった問いかけを、簡単に受け流したりしないで、しっかり受け止めていてくれるのがいい。
保育園の子どもだけではなく、カフェがあることで、いろんなひとと接することができてよい。
他の保育園ではあまりできないことができる。
おやつにケーキを焼いたり、そういうのができるのはカフェがとなりにあることならではだと思う。(母)

●いい保育園の悪いところ、不満点、改善を希望する点

やはり入園当初4歳以降をどうするかは不安だった。
預けるところが無ければ働き続けることができないから。
いい保育園は保育料が高い。
補助が無いので仕方ないとは思うが・・・
質を求めているひともいると思うので、そういう質で選ぶ保育園があってもいいと思う。(母)

●入園前後での変化

礼儀正しくなった。
自分がしつける前にしつけられていた(笑)母。
夜泣きとかはありません。
ひとに対する気遣い、やさしさを持てるようになった。
祖父母もそれを言う。